SONICWARE

Special Sound Tool Maker

ミニシンセ試作基板で音出し実験

こんにちは、SONICWAREの遠藤です。

ミニシンセ Elizabethの試作基板が到着し、少しずつ各電子パーツの動作をチェックしています。

Elizabethのオーディオ処理は、DSP(デジタルシグナルプロセッサ)っていうパーツで音を作り、デジタル信号をアナログオーディオ信号に変換するCodecというパーツを通して音を鳴らします。

下の動画では、これら電子パーツの接続をチェックするために「プーっ」とか「ピーっ」とかって音を出しています。

A5とA7が鳴ってますね。

音が開通さえすれば、色んな音源アルゴリズムの実験に進めます。  

 

About The Author

株式会社ソニックウェアファウンダー / 代表取締役CEOYu Endo
SONICWARE inc. Founder & CEO / I love to make new sound devices.
三度の飯より楽器づくり

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)